TOYOTA SOCIAL FES!!

2012年から始まったAQUA SOCIAL FES!!(現在はTOYOTA SOCIAL FES!!)アクアの発売以降、車名にちなみ「水」をテーマとした地元の自然環境保護・保全活動を全国的に実施しており、ネッツトヨタ山口では毎年この活動へ参加しています。

2018年7月28日(土)に開催されたTOYOTA SOCIAL FES!!では、山口市の山口湾にて海岸の清掃活動と、干潟での生態観察をしました。
海岸にはたくさんのゴミが打ち上げられていましたが、参加いただいたたくさんのボランティアの方々のおかげであっという間にキレイな海岸になりました。この日は夏休みということもあり親子での参加も多く、子供たちは干潟に生息する生き物たちを熱心に観察していて夏休みの宿題もできたのではないでしょうか?
炎天下での作業でしたので参加されたみなさんも汗だくになっていましたが、すべて作業が終わって子供たちにはカキ氷が振舞われ、その時の子供たちの活き活きとした笑顔がとても印象的でした。

自動車学校での高齢者講習(安全運転サポート車普及啓発)

県内の自動車学校で行われている高齢者講習での「安全運転サポート車普及啓発」の一環で、運転中の操作ミスによる誤発進抑制機能や、アクセルとブレーキの踏み間違い時に作動するブレーキサポートの体感試乗と説明をしております。
万が一の時の先進機能ですが、トヨタ自動車も私たちも「交通事故による死傷者ゼロ」の究極の目標に向けて取り組んでいます。

幼児交通安全教材 寄贈

毎年、ネッツトヨタ山口を含むトヨタの販売店では、新入園児のを迎える春の時期に県内の保育園・幼稚園へ交通安全教材として紙芝居と絵本を寄贈しています。この紙芝居・絵本は「道路への急な飛び出し事故防止・横断歩行の正しい渡り方」の内容となっており、交通安全への願いが込められています。
今後も交通安全について学び、交通ルールを守り事故のないように気を付けていただければと思います。

トヨタ原体験プログラム

クルマを題材に「世界の環境や経済を身近に感じる機会」を提供することで、未来のクルマファンを育成していく取り組みで、近年増えてきている『企業による授業』を行い地域貢献につなげながらクルマの魅力を伝えるプログラムです。
地球の環境について勉強した後、ボードゲームを使って自分がクルマの工場長となり、環境を意識しながらクルマを開発・生産し資金を増やしていく内容ですが、そのボードゲームを通じて児童の皆さんには環境を意識しつつエコカーを開発していくか難しさや、一度悪くなってしまった環境を元に戻すことの難しさなどを学んでいきます。

「ふるさとの川を美しく」キャンペーンへの協賛

「ふるさとの川を美しく」守るため、KRY山口放送の河川愛護を呼びかけるキャンペーンに協賛しています。
長年にわたり模範的な活動を続け、優れた成果をあげた団体の表彰が行われ、これまでに河川愛護表彰は50団体、河川愛護モデル地区は44団体が指定されています。